読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

穂高シーナの日々

双極性障害、漫画、イラスト、音楽などつづります。

Super StarとMick Rock

音楽 ライブ

昨日原宿のvacantで開催されたMick rockトークショーに行って来た。わたしの憧れの人、ロバート・メイプルソープと同じぐらい好き。イベントの趣旨は、亡きボウイの写真をもとに、思い出を語ると言うものだったが、本当に通訳泣かせで、しゃべりが止まらないし、上着を脱いだり、落ち着きがない。笑 そして、すごく色気のある男性だった、特に亡きボウイとルーリードについて語っていた。

 

しかし、真面目な話もする。ボウイは僕にとって特別だった事。自分はケイト・モスとかも取ってるんだけど、やはり70年代のイメージにとらえられているのを自覚している。斬新で常に新しさを求めて、試して、壊して、また作ってって感じに、私は思った

 

私が、ボウイのライブを幸運にも見れた。2004年 A Reality Tourだ。素晴らしかった。なんていうのだろう。2階席なのに、オーラがひしひしと伝わってくる。そんな、ボウイはもう、来日する事もないし、音源でしか、体験出来ないのが寂しい。

 

最後にMickが、会えなくて、寂しいと言っていた。私も、寂しいよ。

お金がない5 債務整理編1

お金 債務整理

もう、どうしょうもないので、債務整理をする事になった。

債務整理をしたら、もうダメなんじゃないあと思ったが、いかんせんどうしょうもなかった。

 

そんな時、無料相談所で、司法書士を紹介してもらった。私の債務整理の手続きが始まる。内容については、次の回で。

双極性障害と天気予報

天気予報 双極性障害

何故だか、私は明日雨が降る、もしくはもうすぐ雨になるというのが、体で分かる。だいだい、けだるくなって眠くなる。セレトニンの分泌が少ないから?と思ったりもするのだけど、はっきりとした原因は解明されていない。

 

昨日の朝も、貧血状態だったので、夜雨が降るだろうと思ったら、案の定、雨が夜降った。天気予報なんて、まったく見ていない。

 

話は変わりますが、いつも見てくれる読者さま、ありがとうございます。散文ではありますが、これからも更新し続けていくので、よろしくお願いいたします。

お金がない4

お金 双極性障害

自転車操業を繰り返した結果、借金が100万を超えてしまった。しかし、働こうとするが、勤怠の悪さによって、すぐに首にさせられてしまう。

督促状、電話。ガンガン来る。親もお金が無いため、助けてもらえない。正直もう風俗しかないのかと、思った。

しかし、ガールズバーで働いていた時さえ、嫌だったのに、風俗なんて絶対嫌だ。でも、考えている内に、どんどん借金は増えてく一方。

 

もう、どうすればいいの?

 

毎日、また泣いた。

ぼっちライブ1

音楽 ライブ

はっきり言って、私は友達が少なく知り合いが多い。しかし、一人もまた好き。だから、必然的にぼっち行動が多くなる。特に多いのが、一人でライブに行くこと。最初は不安だが、慣れると、もう一人で行く方が楽だ。フジロックさえ一人で行った事があるが、すごく楽しかった。

 

一番すごいなと思ったのは、新宿のリッキドルームが、閉店してしまう時に、ケミカルブラザーズが、あの狭いキャパの箱で、DJをした。それを一人で行き、朝まで一人で踊った。めちゃくちゃ楽しかった。

 

さみしくないの?と言われる事があるが、チケットの手配もするのが、楽でよい。一人ライブおすすめです。

双極性障害と家族との関わり方

双極性障害 家族 友達 恋人

「私、双極性障害なんです。」と、誰に打ち明けても、それどういう病気なんですか?と言われる。うつはほとんどの人が認知しているのに、何故認知されないだろうと。もっと、知ってもらいたいのが、このブログを始めたきっかけ。

親友、恋人、自分に近い人も、分からない、病気が起こす行動。睡眠薬による健忘で、迷惑をかける。感情の高ぶりをぶつける。普段は普通なのに。暗い人と思われがちだが、自他ともに認める、ユニークで、明るい。これが、私。

 

では、家族だったら、理解できるのかいうと、まったく違う。家族の方が病気を受け止められない。家族が苦しむけど、それが、双極性障害。誰にでも理解できない。それを、私は、十年以上かけて、やっと、分かってきた。いつか、誰かに理解されるんじゃないかと。でも、先生は言った。

 

「一生誰にも理解出来ない、病気だと思って下さい。」

 

だから、自分だけで、すべてを受け止める。それはかなりの月日がかかる。何回も泣いて、やっと、私は前に進めた。

健忘のお薬

双極性障害 睡眠薬

休職と言っても、毎日寝ているだけ。出かけるのは、お金をもらうために、月に一度ハローワークに行くのと、精神科に行くだけ。睡眠薬の健忘はさらにひどくなった。その時は、マイスリーを飲んでいたのだけど、今思えば、相性が悪い。

 

まったく、動かないので、体重は増加する一方。なんとか食べ物を食べないように我慢して寝るが、母親曰く、真夜中に冷蔵庫をあさって食料を食べている。野菜でもなんでも、食べ物をあさる。しかし、自分ではまったく記憶がなく、でも、朝起きたら、食い散らかしたパンが部屋の床に落ちている。

 

自分が怖くなった。体重はさらに増加し、30キロ以上、休職中太った。医師に相談してもらって、マイスリーはやめて他の薬にもしたけど、やっぱり健忘がひどい。今の薬にたどりつくまで、5年以上かかった。

 

今の自分はぽっちゃりを超えて、ただのデブだと思っている、大好きな洋服達が着れない。ダイエットは今も続いているけど、投薬しながらだと、なかなか難しい。